出雲の窯元、島根の陶器、

島根県出雲の窯元、登り窯を焚いています。出雲大社と松江の途中にお寄りいただけます。

花入、一輪挿し

花入、一輪挿し

形もいろいろですが、焼き味も様々。

炭化角花入
  • 炭化角花入
    四角形に成形後、角をそぎ落として面取りしています。
    釉薬を掛けない焼締めの一種である炭化焼成の花入です。炭化焼成は窯の条件によって大きく焼きが変わってきますので、窯出しをするまでわからない焼物です。
    黒っぽいところは、還元が強い部分です。
    登り窯焼成
手付き透かし花入
  • 手付き透かし文様花入
    釉薬を掛けない焼締めの手付きの花入です。上部に煎餅状の粘土をかぶせ、直接、火があたらない場所を作っています。その粘土の下に藁を置いて緋襷きの模様を入れています。透かしのトンボ文様は好んで使います。水が入れられませんので、コップを入れて使います。
    登り窯焼成
焼締角花入
  • 焼締角花入
    上記の手付き透かし花入と同じ焼締めの花入ですが、窯に2度入れています。正面は薪の灰がたくさん降りかかって、釉薬状に解けています。
    登り窯焼成
鉄灰釉鶴首花入
  • 鉄灰釉鶴首花入
    切り絵を使って模様付けをした後、鉄灰釉を全体に吹き付けています。耐火度の高い釉薬で、溶け切っていないために表面は鮫肌のようにざらついています。作る数は少ないですが人気の作品です。質感とデザインがはまれば、独特の雰囲気があります。雲州窯独自の焼きようだと思います。
    ガス窯焼成
焼締一輪挿し
  • 透かし文様焼締花入れ
    上部に口が開いていますので、一輪挿しに使えます。
    また、底近くが切ってありますので、上下に離れます。中に明かりを入れて楽しむこともできます。トップページの暗闇に赤い光の写真はその様子です。
    登り窯焼成

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional